Plein Tech. (プランテック)

テックがいっぱい

ヘアゴムをかけるS字フックを作ってみました。

3Dプリンターでいそいそと工作をしていると妻から依頼がありました。

アゴムをかける用の良いフックが欲しいとのこと。

百均かどこかで買った既製品のS字フックでは、よく外れてしまってヘアゴムが落ちしまうようです (自分も何度か落としました)。

f:id:arundolon:20211112001334j:plain

しばしば外れてしまう困った既製品のS字フック

3Dプリンターもようやく (家庭内での) 市民権を得られて来たなと喜びつつ、モデリングをします。

 

ノギスで測ると棒の直径が4.07 mmなので、両脇0.1 mmのクリアランスを設けました。更に小さいフックの方の入り口は棒の直径以下にして外れにくくしました。

最初の方はいきなり対象物を作っていましたが、最近は環境 (棒や棚) を作ってから対象物を作っています。この方がジャストフィットに設計しやすいですし、実際の環境に合わないというミスも減らせます。
(ちなみに3Dプリンターを購入したのは2021年のゴールデンウィーク頃です。)

f:id:arundolon:20211112001859p:plain

Autodesk Fusion 360でのモデリング

小さい物なのでものの10分ほどでプリントできました。

f:id:arundolon:20211112002619j:plain

シンメトリックなS字フック

実際にかけてみると...

ジャストフィット! パチリとハマって落ちません。非常に気持ちいいです。

既製品では実現不可能なこのフィット感は3Dプリンターならではです。

いかに今まで妥協の上で既製品を使っていたかを思い知らされます。

妻からの評判も上々です。

f:id:arundolon:20211112002731j:plain

僕の考えた最強のヘアゴムホルダーの実地テスト

3DモデルはThingiverseで公開しています。

www.thingiverse.com