Plein Tech. (プランテック)

テックがいっぱい

照明スイッチのカバーをモデリングして3Dプリントしてみました。

照明スイッチのカバーをモデリングして3Dプリントしてみました。

背景

トイレや玄関の照明を人感センサーのものに置き換えています。

照明の頻度の少ないものに対してスイッチを切り替えるのは地味に面倒なので、かなり快適になります。玄関に至っては真っ暗でスイッチの場所がわからない... ということもあります。

 

人感センサーのライトは良いのですが、つい癖で照明のスイッチを押してしまいます。それを防ぐために養生テープで固定するのですが、これがダサい...

f:id:arundolon:20220227000408j:plain

ダサい!

そこで3Dモデリングして3Dプリントしてみました。

 

3Dモデリング (Fusion 360)

環境

まずは例によって、環境からつくります。

ノギスで測って、スイッチ本体とプレートも作ります。

f:id:arundolon:20220227000433p:plain

スイッチとプレートのモデル

なかなか良い感じにできました。

 

照明カバー (全体版)

以下のモデルのように全体を覆うものを作ってみます。

www.thingiverse.com

 

できました。

f:id:arundolon:20220227000513p:plain

巨大照明スイッチカバー

が、スライサーに入れてみると4時間と80円かかるとのこと...
もう少し賢い方法を考えます。

照明カバー (部分版)

Thangsで漁ってみると、以下のモデルが見つかりました。
(これもさっきのもなぜかAustralianです。)

www.thingiverse.com

スイッチ部分をうまく挟み込んでいます。これは確かにスマートです。

 

これを参考にモデリングします。

かっちりハマってほしいのでプレートとのクリアランスは0.1 mmにしています。

f:id:arundolon:20220227000629p:plain

完成!

断面解析してみると...

f:id:arundolon:20220227000702p:plain

断面解析

良い感じですね。

 

3Dプリントと設置

早速プリントします。こちらのモデルであれば 1時間と20円程度で済みます。

f:id:arundolon:20220227000729j:plain

プリント結果

設置してみます。

 

f:id:arundolon:20220227000748j:plain

設置結果

一発成功!気持ちよすぎます!

 

他の場所にもつけてみます。

f:id:arundolon:20220227000813j:plain

設置結果2

全体を覆うパターンだと穴を開けなければいけないので、やはりこのモデルの方が優秀です。

 

例によって3DモデルをThingiverseで公開しています。

www.thingiverse.com