Plein Tech. (プランテック)

テックがいっぱい

サンコー ラクアを1年半使い込んだのでノウハウを共有します

はじめに

前にもご紹介しましたが、食洗機としてサンコー ラクアを使っています。

イラクア布陣

いつの間にか黒いモデルやminiとかmini Plusというのが出ているようです。

 

2021年の春頃に購入して1年半使い込んだので、そのノウハウを共有しようと思います。

続きを読む

ショッピングカート用の100円トークンをプリントしてみました。

はじめに

買い物に行くと、アンパンマンなどのキャラクターが散りばめられた子供が好きそうなカートがあったりします。

きゃらくるカートというようです。

www.joypalette.co.jp

 

これに乗ると確かに、機嫌良くしてくれます。

 

大抵のお店ではコインロックシステムを採用しており、100円入れることでアンロックされ使えるようになります。

しかし、これが非常に面倒。

  • 財布から100円を出さなければいけない
  • 返却時に財布に100円を戻さなければいけない
  • 財布の中に100円がないといけない

ペインだらけです。

続きを読む

ナローベゼルモニターに対応するためにWebカメラ Logicool C270 の底上げをしてみました。

はじめに

WebカメラLogicoolのC270nを使っています。
(どうでもいいですが、最近はLogicool/Logitech共通で使えるようにするためか"logi"というロゴになっていますね)

昔 (C270の頃) と比べて若干値上がりしましたが、まだまだ高コスパWebカメラです。

ラズパイに繋げて、3Dプリンターの監視にも使っています。

 

ことの始まりは今年の1月でした。

モニターをついに27インチ 4Kに買い替えました (Dell S2722QC)。

やったぜ!と思っていたら、ナローベゼルなのでWebカメラが画面を覆ってしまいます...

最近流行りのノッチ (違う)



 

確かに最近のWebカメラを見ると、ミーアキャットみたいに上に伸びています。

既存のモデル

どないしょ... と思いつつ、とりあえずThingiverseを見てみると、頭の良い人はいるものです。スペーサーを足していました。

www.thingiverse.com

 

これをプリントして半年あまり使っていました。

しかし、ベゼルにかかるフック (爪?) が短すぎて (約2 mm) ポロポロ落ちてしまうのです。なんとまぁストレスフル。

フックが短くてよく落ちます



 

ちなみに前面につけているWebカメラカバーは以下です。

www.thingiverse.com

 

リミックス

縦にスケールを上げると、カメラが上がりすぎるので自分でデザインしなおしました。

サクッとモデリング



スケッチ1枚書いて、押し出すだけです (下のはモニター相当の板です)。

 

早速3Dプリントします。

オリジナルのものと比較して、フック部分が長くなっていることがわかります。
2 mmから7 mmにしました。

左: オリジナル、右: リミックスしたもの



 

設置してみてもちょっとやそっとでは落ちません。

いい感じ

3Dモデル

例によって、Thingiverseで公開しています。
ライセンスはShare Alikeだったので、Creative Commons - Attribution - Share Alikeになっています。

www.thingiverse.com

 

関連記事

arundolon.hatenablog.com

arundolon.hatenablog.com

サンコー ラクアのカゴを改造してみました。

はじめに

以前にもご紹介していますが、食洗機としてサンコー ラクアを購入して愛用しています。

汚れはよく落ちるので満足しています。
しかし、これの一つの欠点としてカゴの網目が粗すぎて、モノが落ちて、下の回転部が止まってしまうことがあります。
回転が止まったらエラーで通知をしてくれたら良いですが、無言で同じ場所に水を当て続けてしまいます。
なかなかにストレスフルです。
 

先行事例

さてどうしたものか。カメラで監視してみるなど色々思いつきますが、まずは先行事例の調査です。
すると以下の動画がありました。

 

www.youtube.com

カゴに追加で網をつけてます。

シンプル。スマート。ローコスト。

 

これを参考にします。

 

DIY

まず網を用意します。セリアで2つ買いました。220円です。

錆びると嫌なのでステンレスの網を買いましょう。
(クロームメッキのものだと錆びてしまいました)

セリア ステンレス 万能トレー用アミ

サイズは縦17×横23×高さ1 cmです。

 

1枚で済ますならこの辺りが良いかもしれません。

 

結束バンドも用意します。

固定方法は何でも良いですが、耐熱温度に注意した方が良いです。

結束バンド

この辺でも良いでしょう。

 

実際につけてみます。

まずカゴを取り外して裏を向けます。

裏向けたカゴ

網をつけるポイントとしては、足がついている方をカゴの内側に向けることです。

トレー用の網なので、浮かすために足がありますが、そちらをカゴの外側に向けてセットすると下部の回転部に接触して回転しなくなってしまうことがあります。

 

17 cm x 2 だと少しはみ出るので、真ん中をオーバーラップさせています。

設置後

これでセットしてみます。

このあと、洗浄させてみましたが、無事稼働していました。

完成!

まとめ

サンコー ラクアのカゴが粗すぎて食器が落ちるので、落下防止にセリアのステンレス網をセットしました。

 

関連記事

arundolon.hatenablog.com

arundolon.hatenablog.com

Microsoft Designer Bluetooth Mouseの左クリック不調を直してみました。

Microsoft Designer Bluetooth Mouseの左クリック不調を直してみました。

  • 背景
  • 修理
  • まとめ
  • 関連記事

 

背景

Microsoft Designer Bluetooth Mouseを2015年頃に購入してサブマウスとしてちょくちょく使っています。薄くて持ち運びに便利です。

シャレオツなフォルムです。

 

今買うならこちら?

 

1, 2週間ほど前から左クリックが効かなくなったり、チャタリングし始めました。

以下のようなチャタリング チェック ツールを使ってみて、疑惑が確信に変わりました。

service.webgoto.net

週末に空き時間ができたので修理することにしました。

続きを読む

テープカッターをリミックスしてサポート不要にしてみました。

テープカッターをリミックスしてサポート不要にしてみました。

 

既存のモデル

もともとのモデルは以下です。

色々なモデルでお世話になっているCyberCyclistさんのClip Tape Cutterです。

www.thingiverse.com

サポート不要でできるので、かなりお手軽です。

しかしながらテープが滑り落ちることがあります。

過去の記事でもよく見ると緑色の養生テープがずり下がっています...

arundolon.hatenablog.com

 

そのずり下がり問題を解決したのが以下のモデルです。

もともとの後方の輪ゴムだけでなく、前方にも輪ゴムをつけてずり落ちないようになっています。

www.thingiverse.com

しかしながらこのモデル... サポートが必要になってしまっています。

Curaでの画面。青丸がサポートが必要な箇所

サポート絶対につけたくないマンなので、なんとかしたいです...
そうだ!リミックスしてみよう!

リミックス

ダウンロードしたSTLファイルをFusion360で開きます。
(「開く」->「マイコンピューターから開く」)

とりあえずインポート。サイズがおかしい。

サイズが10倍ぐらいになっているので、1/10にします。
(「メッシュ」->「修正」->「メッシュを尺度指定」)

 

メッシュのままだと扱いにくいのでソリッド化します。
(「メッシュ」->「修正」->「メッシュを変換」)

 

ソリッド化して、ようやくスタートライン
左が上側のパーツ、右が下側のパーツ

まずは上側のパーツから修正します。
45度の角度ならサポートなしでプリントできるので適当に三角形を描きます。

上側のパーツの修正

押し出して、適当にフィレットをつけます。
(ちょっと不格好ですが...)

押し出した結果


)。

 

もうひとつの下側のパーツも、既存のフックをトレースするようにスケッチを描きます。
(シンメトリーにするために、こっちも三角形にしても良かったかも)

下側のパーツの修正

こちらも押し出してフィレットをつけます。
すべてベッドにつくようになるので、サポートいらずになります。

押し出した結果

完成したので3Dプリント用にSTLファイルを出力します。
実は3つのパーツに分かれていますが、上側のパーツとリングは一緒にプリントしたいので、下側のパーツだけ非表示にして「メッシュとして保存」で出力します。

メッシュとして保存

 

サポートなしで、プリントしてみます。

問題なくプリントできているようです。

プリント結果

モビロンバンドを2つつけて... 完成!

ガムテープをつけてみます。ちゃんとずり落ちないでホールドしてくれています。

完成!

3Dモデル

今回作成したモデルは例によって、Thingiverseで公開しています。

www.thingiverse.com


まとめ

テープカッターをリミックスしてサポート不要にしてみました。

STLファイルをインポートして、45度の角度をつけたり、ベッドに接地するように修正することでサポートレスにできました。

 

ちなみに普通のセロテープなら以下がオススメです。きれいに切れます。

関連記事

arundolon.hatenablog.com

arundolon.hatenablog.com

ダイソーのワイヤーネット用フックをリミックスしてみました。

ダイソーのワイヤーネット用フックをリミックスしてみました。

 

既存のモデル

ダイソーのワイヤーネットは非常に便利で、小物を整理するのにバッチリです。

フックはCyberCyclistさんの以下のモデルを3Dプリンターでプリントして使っています。

www.thingiverse.com

 

色々なものをぶら下げることができますが、フックの幅が10 mm固定で小さい穴には通せません。

 

そこでスライサー上で縮尺を変更してみます。なんだか行けそうな気がします。

Curaの画面

プリントしてみて、つけてみると... 割れました。

割れたフック

どうやらワイヤーに引っ掛ける方のメカニズムはかなり繊細なようです。

 

少しの改造で普通に使えそうなので、リミックスしてみます。

 

リミックス

Fusion360用のf3dファイルで公開して下さっているので、それをダウンロードして、Fusion360で開きます。

 

よく見るとアシンメトリーの構造になっています。

45度の角度をつけてうまくサポートレスにしています。かなり参考になりますね。

 

アシンメトリーな構造

 

Remixしたものも、サポートレスにしたいので、ベッド側ではない方を削ります。

適当に矩形を描画して、押し出しで切り取ります。

適当に切り取り

3Dプリントしてみます。

 

ワイヤーネットに装着。問題ないですね。

全体像

オリジナルとの比較です。まぁ削っただけなので、ほぼほぼ同じです。

比較。印刷が汚い...

まとめ

ダイソーのワイヤーネット用フックをリミックスして、細いフックを作ってみました。

 

例によってThingiverseで公開しています。

元のモデルのライセンスが、Creative Commons - Public Domain Dedicationなので、その精神にならって同じライセンスで公開しました。

www.thingiverse.com

関連記事

arundolon.hatenablog.com

arundolon.hatenablog.com